人口転換
現在の日本では有料老人ホームをはじめとする高齢者向けの福祉施設が数多くあります。実際に有料老人ホームに行ってみて、そこでの生活を覗いてみればおわかりでしょうが、そこでは数多くの高齢者が一緒に生活を送っています。有料老人ホーム等の高齢者向けの福祉施設は、ある意味では高齢社会日本の縮図とも言えます。
人口構成の変化『人口転換』
ある国や地域の人口構成は時を経るに従って変化していきます。これはその国、地域の経済発展と大きく関わっているのですが、どのように変化していくのでしょうか。

例えばアジアやアフリカの発展途上国を見ればわかりますが、そこでは乳幼児の死亡率が高く、平均寿命も短く、従って多産多死型の社会となっています。それが経済発展が進むに従って衛生や保健状態の改善、それに医療水準の向上をもたらします。

その結果乳幼児の死亡率が下がって、逆に平均寿命が延びる多産少死型になり、さらに経済発展が進んで先進国に仲間入りするときには少産少死型へと変化しています。こうした人口の面から見た社会の変化を人口転換と呼んでいます。
教育水準の向上による人口構成の変化
日本でも昔は大学と言えば一握りのエリートしかいけない最高学府でした。大学進学率が向上すると、労働社会では肉体労働や単純労働の需要が減り、逆に知的労働の需要が増えていきます。親達は子供達に充実した教育を受けさせようとします。現在は子供の教育費は増え続け、それは言い換えれば子供一人を育てる上でかかる費用が大きくなっていることを示しています。となると必然的に子供の数は減少します。
チェック
子供が減少することは、人口比にして子供でない青年、中年、それに高齢層の人口比が増すことになりますから、それが将来的に社会の高齢化を招くことになるのです。

check

タグホイヤー 買取

Last update:2016/5/25